カテゴリ:その他もろもろ( 6 )

今週は引きこもっていました。

今週は母子ともに風邪でダウンし、自宅に引きこもっていました。

その間、人生の棚卸しをしたり、多少はお散歩がてら、近所の美味しいものを買いに行ったり食べに行ったりして、地元に目を向けたりと、結果的に足下を固める時間になったのかなと思います。

まず、人生の棚卸しですが、先日参加させていただいた母限定マイプロジェクトで発表された方の人生をいろいろ聞いているうちに自分自身も触発されて、ぼーっとしていると、どんどん思考が過去にさかのぼり、何故自分がこのような行動を取って来たかというのが漠然と見えてきたような気がしています。

卒業以来、仕事以外の時間を活用して、様々な場や人と出会ってきました。が、あまりに多方面にわたるため、自分は一体何がしたいんだろう?何を求めているんだろう?と自分自身でも謎だったのですが、棚卸しするうち見えてきたことは、「場作り」がしたいのだということ。

なぜ場作りなのかというと、

人は1人の力では救えないけれど、グループの力、大人数で交わる事で多種多様なものの見方が出来るようになり行き詰まっていたところから脱却できる

なぜ行き詰まりから脱却しないといけないのか???

それには、やっぱり大学3年生のときの親友の自殺が大きいのだということを改めて感じました。

けれど、自殺する人を救いたい!と気負うのではなく「自分が楽しいことで、誰かも楽しんでくれて、楽しんでいる人が増える=自ら命を絶つ人が少しでも減るんじゃないの?」くらいの肩の力を抜いた感じのほうが今の自分に気持ちにあっていると感じています。

そういう意味での場作りですね。今は育児しているママさんと、子育て以外の人生なんかについても、いろいろ語り合える場を作りたいです。

もう一方で、地元ネタですが、産休育休に入る前は、単にネグラでしかなかった地元にも少しずつですが、面白いスポットがあることが分ってきました。

もっとがつがつ出かけていって、写真にとってブログにアップ!!!というまでのモチベーションが今のところ沸いてこないんですが、せっかくなので、自分の中のドラフトボックスに入れておこうと思います。気持ちが乗ったら、ブログでも少しずつアップしようかな。。。
[PR]
by kkyk3118 | 2015-10-31 14:49 | その他もろもろ

母マイプロに参加させていただいて

先日、母限定マイプロジェクト、略称母マイプロというイベントに参加させていただきました。

きっかけは、横浜トリエンナーレ2005のボランティアをしていたときに知り合った吉田麻理子さんがFacebookでこの「母マイプロ」でプレゼンすると知ったこと。吉田さんとは10年以上お会いしていなかったのですが、働きながら工作作家として活動する彼女の活動は以前からFacebookを通じて知っていて、働きながらこういう活動を継続しているって凄いなというのと、つくっている作品がユニークで面白いなと思っており、久しぶりにご本人に会いたいのと、今後の活動について知りたいのと、この母マイプロというイベント自体に興味があったということで、参加させていただきました。

当日は吉田さんの他、もう一人保育園を現在立ち上げ中の大野将平さんが30~1時間程度、今自分が取り組んでいる活動を、マイプロジェクトというフォーマットにそってプレゼンし、参加者にアドバイスや意見を求めるというもの。

この母限定マイプロジェクトという集まり自体を立ち上げた竹林真理奈さんは大学時代、井上ゼミというところで、マイプロジェクトという活動をやっており、大学を卒業後、働きながら育児をする中で、母を対象として、もう一度このマイプロジェクトをやってみたいと思ったのがきっかけとなって3年前から3ヶ月に1度のペースでこういった活動をされているそうです。

終わってみての感想。

とにかく心の充電池がフル充電された感じでした。

発表の内容は、個人的な発表でもあるので、割愛しますが、それぞれ自分の夢や目標に向かって進んでいるお二人の活動から元気をいただいたのと、それに対する参加者の方々の意見、アドバイス、そして時折脱せんする余白の話。そして終了後、主催者の竹林さんがご自宅を解放してくださり有志で繰り広げられるざっくばらんな懇親会ランチ、何もかもが心を満たしてくれました。こういった活動を働き育児をされながら継続していくということは、ものすごいモチベーションとエネルギーが必要だと思います。継続されていることに頭が下がりました。同時に、このような規模や頻度でなくても、ささやかに自分の地元でこういった集まりを開催してみたいなと思いました
[PR]
by kkyk3118 | 2015-10-19 16:55 | その他もろもろ

友人指導のもと、抱っこ紐のよだれパットを作成しました。

f0156500_16343329.jpg


事の発端は、産後クライシスで夫と煮詰まり、帰宅したくなくて子連れで近くのショッピングセンターをブラブラしていて手芸屋を覗いた際、以前からの友人とばったり再会したことでした。

産後初めての再会、かつお互いに月齢の近いママであることから、後日お茶でもしようという話に。その際、お互いに育児や仕事に追われる中でも、何かしらささやかな夢や目標を持った何かを出来ないかという話になりました。

友人は大好きな手芸を活かした何か。わたしは育児や仕事とは別の、ささやかな夢や目標をちょっとだけ真面目に語ることのできる場作り。では、その2つを合体させたような場を作れないかという話になり、まずは自分たちでやってみようということになりました。

つくる題材は友人が考えてくれた抱っこ紐につけるよだれパットになりました。抱っこ紐は赤ちゃん連れで出かける人は毎日でも使うもの。赤ちゃんの舌が丁度あたる部分によだれがべったり付くので必要なのですが、育児休暇中の節約気分のときには“買うにはちょっと惜しい。”で、本当は毎日でも洗濯して清潔なものをつかってあげたいけれど洗い替えなしでなんとなく毎日付けっぱなしに、というものです。

今回は、友人が試作品やキットをすべて作成してくれ、わたしはそのキットをつかって、どれくらいの時間をかけてつくれるか、そして、素人(手芸がそこまで得意じゃないけど、空いている隙間時間をつかって、子供のために何かつくってあげたいけど、1人じゃ絶対にやらない。)がつくってみて、どんな感じかを試してみました。

集合場所は再会を果たしたショッピングセンターのテラス。屋外のフリースペース?でわたしは娘をおんぶしてお昼寝させたまま立ってゆらゆらゆれつつ、友人指導のもと、よだれパットを作成しました。

● 手順

①キルト布、ガーゼ布をそれぞれ縦17センチ、横26センチ(縫い代は、内側1センチ)に裁断する。


※型紙あれば、それに沿って。

②生地を中表にあわせ、閉じ口8センチを残し、ザックリ並縫いで縫い合わせる。

③並縫いが終わったら閉じ口に手を入れて表にひっくり返す。
(四隅は丁寧に)

④形を丁寧に整え、閉じ口を二つおりに合わせ、並縫いで閉じていく。

⑤ホックの位置を決め、印を付け、目打ちで穴を開ける。

⑥ホックを付けて完成。

●感想
キットを作成してくれていたのと、友人のきめ細やかな指導かつ手芸グッズのおかげで1時間強で完成しました。1回で完成できたことで達成感が非常にあり、またそのまま付けて帰宅したので、その日から使えるルンルン気分が凄く気持ち良かったです。

しかーし!!!、自宅に帰って夫からばっさり言われた一言。「(人件費ということで)時間単価考えたら、結局買った方が安いでしょ。」笑

最初はものすごく腹がたったのですが、冷静に考えると、友人もわざわざ時間を割いて来てくれているわけですし、買った方が、人件費という考え方でいえば、安くあがるのかもしれない。

けれど、節約したいとか、安く仕上げたいことよりも、何が重要かというと、
・ 子供のためにせめて何か一つくらいは手作りしてあげたい

・ 友人と会っていろいろ話がしたい

・ 何かをつくりあげることの喜びを味わいたい

・ そこで話したことから新たな夢や目標のヒントや刺激をえたい

・ 今はまだ子供と一緒に楽しむところまで行っていないが、ゆくゆくは手芸と限定せず、例えば料理が得意な人を招いて親子でパン作りなど”親子で楽しめる何か”を企画したい


という成果が今回の集まりにはあったなと個人的に思いました。

というわけで、いろいろ考えるきっかけや実際のよだれパットという成果物までできて、わたしにとって非常に有意義な時間でした。

既に仕事に復帰して多忙ななか、貴重な時間を割いて指導してくれた友人に感謝!

おまけ 産後クライシスからはぬけだし?夫とは日々言い合いしながらも、なんとか楽しく親子3人で過ごしています?
[PR]
by kkyk3118 | 2015-09-30 16:36 | その他もろもろ

ボケ

8月初旬以降、急速にボケつつあります。早起きをやめて、娘と一緒にお昼寝をして、家事もそこそこ手を抜いています。

けれど、浅かった呼吸がなんとなくゆったりとしてきて、ある意味、変な意味での焦燥感のようなものは消えてきたような気がします。

ゆったりとした呼吸でじっくり娘を見つめてみると、毎日、ほんの少しですが、変化があり、昨日出来なかったことが今日出来るようになっていたりして、今までの2ヶ月、見逃していたことも多かったのだろうなと思います。

ただ、それが 産後のような気がします。

このままゆったりのんびり流れていくのか、どこかでまた気持ちの変化があるのか。流れに身を任せてみようと思います。
[PR]
by kkyk3118 | 2015-08-16 15:32 | その他もろもろ

最近の心境

産後ひと月応援に来てくれていた母が帰ってから一ヶ月ほど、訳のわからぬ焦燥感に駆られていました。

娘が朝起きる前にすべての家事を終わらせなければならない脅迫観念に駆られ、朝5時に起きて家事を全て終わらせていたのですが、試しに娘と同じ7時に起きても家事は終わるし、泣くときは抱っこ紐で一緒に掃除すれば良いと気づいて、だいぶ気持ちが楽になってきました。

産後はホルモンバランスが乱れるとは聞いていたものの、いろんなところで自分自身の気持ちのバランスを保つのが難しいのだなと改めて思いました。
[PR]
by kkyk3118 | 2015-08-10 18:08 | その他もろもろ

かけがえのないこの瞬間

f0156500_1575631.jpg
今朝、Facebookで先輩が「いいね」をしていてこんな記事を目にしました。

そして、午後、また別の先輩からこんな言葉を教えてもらいまいした。

『アメリカのコメディアンが、最愛の奥さんを亡くしたときに、ボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用して、友人に送ったとされるメールの一部です。人生において本当に大切なものは何なのか。』

〜〜〜


「この時代に生きる私たちの矛盾」

ビルは空高くなったが、人の気は短くなり
高速道路は広くなったが、視野は狭くなり
お金を使ってはいるが、得るものは少なく
たくさん物を買ってはいるが、楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが、家庭は小さくなり
より便利になったが、時間は前よりもない
たくさんの学位を持っても、センスはなく
知識は増えたが、決断することは少ない
専門家は大勢いるが、問題は増えている
薬も増えたが、健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し、笑うことは少なく
猛スピードで運転し、すぐ怒り
夜更かしをしすぎて、起きたときは疲れすぎている
読むことは稀で、テレビは長く見るが、祈ることはとても稀である
持ち物は増えているが、自分の価値は下がっている
喋りすぎるが、愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが、人生を学んではいない
長生きするようになったが、長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに、近所同士の争いは絶えない
世界を支配したが、内世界はどうなのか
前より大きい規模のことはなしえたが、より良いことはなしえていない
空気を浄化し、魂を汚し
原子核を分裂させられるが、偏見を取り去ることができない
急ぐことは学んだが、待つことは覚えず
計画は増えたが、成し遂げられていない
たくさん書いているが、学びはせず
情報を手に入れ、多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが、人格は小さく
利益に没頭し、人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われるのに、家族の争いはたえず
レジャーは増えても、楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても、栄養は少ない
夫婦でかせいでも、離婚も増え
家は良くなったが、家庭は壊れている

忘れないでほしい、愛すものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ
忘れないでほしい、すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることのできる唯一の宝物には、一円もかからない
忘れないでほしい、あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを
心をこめて

あなたの心からのキスと抱擁は傷を癒してくれるだろう
忘れないでほしい、もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し、話し、あなたの心の中にあるかけがえのない思いをわかちあおう
人生はどれだけ呼吸し続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる時間があるかだ

〜〜〜

かけがえのないこの瞬間を大切にしようと思いました。
[PR]
by kkyk3118 | 2015-07-24 23:39 | その他もろもろ


刻々と移ろい行く心模様を綴ります


by kkyk3118

プロフィールを見る

お気に入りブログ

金子和彌の正体
art drops
Petite* Fleur
クッキングクラブブログ
*Photo Garden*
雲母(KIRA)の舟に乗って
夢色とうめい
JIN-LIME CAFE
merryの徒然日記

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31